伊勢志摩の葬儀はセレモが承ります。
文字サイズを大きくする文字サイズを元に戻す文字サイズを小さくするセレモHOME


葬儀ガイドQ&A

葬儀ガイドQ&A葬儀のマナー

参列時の服装香典の表書き焼香

参列時の服装

男性の服装

黒いスーツに黒無地のネクタイが基本です。靴を脱ぐ場合もあるので、靴下も黒色のものを着用しましょう。

女性の服装

女性の服装も男性同様、黒または地味な色のワンピースやスーツを着用します。ストッキングは黒のものを、アクセサリーはパールの一連のネックレスのみ着用できます。

学生の服装

制服があれば制服を着用し、なければ白色のシャツに黒や紺といった地味な色のものを選びましょう。靴はスニーカーでも構いません。

※冬場のコート・手袋などは、毛皮・皮革製の物は避けましょう。

香典の表書き

香典の表書きは以下の通りです。

仏式の場合 通夜見舞・御霊前・御香典・御佛前・御供
神式の場合 通夜見舞・御玉串料・御霊前・御供
キリスト教の場合 御花料・御ミサ料・御供・御霊前
全宗派対応 御霊前・御供
仏式の場合、本来は宗派によって御霊前と御佛前と使い分ける必要があります。
会場に着かないと、どの宗教なのか分からない場合も多いので、基本的には御霊前で問題ないようです。
地域や風習によってはこの限りではありません。

焼香

香を捧げる回数は、宗派によって異なりその意味するところも違います。

真言宗は、仏法僧という三宝の一つ一つを供養し三毒の煩悩を消すという意味で3回行います。
浄土真宗大谷派では、心と身を清めるなどの意味で2回行います。
一方、同じ浄土真宗でも本願寺派では一回で心を清める意味があるとされています。

  • 真言宗(3回)
  • 曹洞宗・浄土真宗大谷派(2回)
  • 臨済宗・浄土真宗本願寺派(1回)
  • 天台宗・日蓮宗(1回もしくは3回)
  • 浄土宗(1~2回)

※地域や風習、寺院の考え方によってはこの限りではありません。
どんな宗派の焼香であれ、参加者が多い場合には宗派にこだわる必要はなく1回でも別にさしつかえないようです。

神式の場合は「玉串奉奠」をします。

神官より玉串を受け取り、右周りに回して軸先を祭壇に向け、奉奠台にお供えします。その後、2礼・2拍手・1礼をして下がります。
※拍手は「忍び手」といい、寸止めして音を立てないようにします。

戻る
地図から探す
葬祭会館案内セレモホールセレモホール志摩セレモホール磯部セレモホール伊勢セレモ大方庵
お急ぎの方はこちら